富士宮市の眼科は【浅間町眼科】眼科一般、コンタクト処方

  • 0544-25-3319
  • 土・日・祝日も診療しております。

Information
お知らせ

2021.06.25

当院におけるコンタクトレンズ処方可能な年齢について

当院の方針としてコンタクト処方が可能な年齢は

中学校3年生より処方可

と致します。

なお、過去に当院でコンタクトレンズ処方をされた患者様に関しては引き続き処方致します。

何卒ご理解の程、宜しくお願いいたします。

2021.01.17

「花粉症の初期療法」 大切なのは、早めの対策です!!

今年も花粉症のシーズンとなりました。

当院では症状に応じてお薬の処方を致しますのでお気軽にご相談下さい。

・飛散量について

2020年の6月~7月では、6月の日照時間は例年並かやや多く、7月は極めて少なく、特に近畿地方と四国、九州では少なかったです。
しかし、ヒノキの花粉数に最も影響する6月上旬の日照時間は、前年と比べかなり多くなっています。
これらの要因から2021年の花粉飛散量は、過去10年の平均飛散量と比較すると、東日本では多く、西日本では例年とほぼ同じかやや少なくなると予測されます。
花粉飛散量が少なかった2020年と比べると、東北南部から関東、東海は2~4倍、その他の地域も1.2~2.8倍になるという予想であり、どの地域も油断せず早めの対策を心がけましょう。

・飛散時期について

スギ花粉の飛散開始は、その前年の11月〜12月の気温に左右されるといわれています。その時期の気温の低下は、全国的に例年並になる見込みで、2021年のスギの雄花が花を咲かせる準備を始めるのは、ほぼ例年並の時期になる見込みです。さらに1月以降の気温は西日本では例年並、他の地域は例年よりやや高くなる予想で、スギ花粉の飛散開始は、西日本では例年並かやや早く、東日本、北日本では例年よりも6日前後早くなる見込みです。

・初期療法って?

初期療法」とは、花粉症であることがわかっている患者さんの例年の症状に合わせて、
花粉が飛び始める1~2週間前から、お薬の服用・点眼を開始する治療のことです。
これにより、症状が出る時期を遅らせ、花粉シーズン中のつらい症状を軽くし、症状の終了を早めることが出来ます。

2020.12.10

年末年始の診療について

2020年 12/31(木) 10:00~13:00、14:00~17:00(受付終了16:30)

2021年   1/ 1(金) 休診

       1/ 2(土) 休診

          1/ 3(日) 以降、通常通り

となります。あらかじめご了承の上ご来院くださいませ。

 

 

2020.09.29

令和2年10月よりPayPay取り扱いが始まります!

令和2101日より当院ではPayPay(スマホ決済サービス)で診察代の支払いが可能となります。ぜひご利用ください!

注)後日返金を前提とした診療代の支払

(保険証お忘れで自費払いや、2割/3割支払い後の各種公費医療証等の持参による精算)

は対象外となりますので、予めご了承下さい。

2020.06.21

学校検診 視力再検査等について

コロナウイルスの影響で遅い新学期がようやく始まりました。

それに伴い学校検診を行った学校も多くなっていると思います。

視力低下を放置すると学力低下、学校生活に支障を来す事もあるので、用紙をもらい眼科受診を指示された方はお早めの受診をお勧めします。

 

受診の際は健康保険証や医療証、学校からの用紙も忘れずご持参下さい。

また、眼鏡をご使用の場合は眼鏡もお持ちくださいますようお願い致します。

 

身長や体重などの身体測定に加えて目に関する検査も行われます。

視力検査、眼科学校医による目の検診。これらの健診項目で異常が疑われると、学校から健診結果のお知らせの用紙が配布されます。このうち特に多いのが①視力に関するもので、この用紙にはA、B、C、D等の記載が通常あります。このA、B、C、Dとは学校教育環境に配慮して視力を4段階に区切った370方式という表記方法です。学校保健法施行規則の一部を改正する省令(平成4年文部省令第2号)により『学校における視力検査の特性に鑑み1.0、0.7、0.3の3指標により判定して差し支えない』と改正されました。そのため学校での視力検査は1.0、0.7、0.3の3つの指標のみで行われます。学校での視力検査はあくまでスクリーニングが目的で、この方法により多くの学童、生徒の視力を学業に支障がないかを確認する目的で、短時間でおこなっております(眼鏡やコンタクトレンズを使用している場合は、裸眼視力が省略される場合もあります)。

 

この測定方法によりますと視力は以下のように分けられます。

A 視力1.0以上

B 視力0.9~0.7

C 視力0.6~0.3

D 視力0.3未満

このうち視力がB以下の方に健診結果のお知らせなどの用紙が配布されます。

 

また、②眼科学校医による目の健診では、眼位(斜視の有無のスクリーニング)や外眼部疾患(主に結膜炎や、睫毛・眼瞼・角膜等の異常のスクリーニング)が確認されます。③色覚検査は希望者に一部地域を除き行われております。②や③でも異常が疑われた場合は健診結果のお知らせなどの用紙が配布されます。  これらの①~③の健診結果で用紙を配布された方は、眼科を受診して二次検査を受けるようにしましょう。特に視力検査の結果で片眼がA判定でも、もう一方の目がC判定以下など、左右眼の判定に2段階以上の差があった場合は、特に早めに受診するようにして下さい。詳しくは当院受診時に医師にご相談ください。

 

© asamacho-ganka

WEB予約 電話する